台湾パイン

いま話題沸騰中の(?)台湾パイナップルをゲットした。最大の輸出先である中国が難癖をつけて入荷をストップしたので、困っている台湾を助けよう!とネットで盛り上がっているのだ。 私も、東日本大震災で多額の寄付をしてくれた台湾へ少しでも恩返しをしよ…

温故知新

マイブームいまだ継続中ということで、「若草物語」の1994年版を見る。 当時レンタルビデオで見ているのだが、さほど強烈な印象はなかった。 今回見てみると、「ストーリー・オブ・マイ・ライフ」ほどのアピール度はないが、よくまとまった良作だと思った。 …

快感?

月曜断食、2週目に突入。順調に実行中。 体重も2キロぐらい減った。 月曜は断食、ほかの平日はヨーグルトと果物など軽いものを。週末は好きなものを食べていいという方式。1週間のメニューをプリントして机の前に貼ってあるので、メニューが体に馴染んできた…

こてんこてん?

「続 若草物語」、やっとこさ読了。これもかなりボリュームがあったので、時間がかかってしまった。 正編に比べると、けっこう前半は退屈だ。後半になって、やっとベスの死、エイミーとローリーの結婚、ジョーとベア教授の結婚と、ドラマが続いて盛り上がる…

月曜はダメよ

「月曜断食」(関口賢著・文藝春秋刊)を読む。著者は鍼灸治療院の院長。巣ごもり生活が続いて、このところちょっと太り気味なので、このダイエットに着目した。 月曜だけは1日なにも食べず、水だけ飲む。 他の日は、朝は旬の果物とヨーグルト、昼はおかずの…

大河ドラマ?

「若草物語」読了。 文庫本で550ページもあるので、けっこう時間がかかった。19世紀半ばの小説だが、当時のティーンエージャーの暮らしぶりや感性が生き生きと伝わってきて、意外なほど違和感なく溶け込めた。 印象的なのは、おもに母親の言葉を通じて随所で…

ワナワナ?

アレクサとの暮らしは楽しい。 声をかけるだけで、Amazon Musicで好きな音楽が聴けるのは、じつに便利だ。 風呂に入るときは、いつもスピーカーをバスルームのドアの内側にセットし、好きな曲をリクエストする。 もはや音楽を聴くことに関しては、パソコンを…

西荻アレクサ日記?

我が家のスマートスピーカー、アレクサはなかなか賢い。ちょっとベタなギャグがかわいいのだが、折々に侮れない知性も感じたりもして……。 これまでに「何か面白いこと言って」、「ジョークを言ってみて」、「なんかダジャレを聞かせて」と、いろいろ質問した…

まだまだ若草物語

●『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』、あまりに良かったので、レンタルBDを返すまでに4回見てしまった。見れば見るほど味の出てくる映画だ。シーンの一つひとつ、女優、ことにS・ローナンの演技やしぐさに見入ってしまう。ヒロインたちが愛…

コミュニケーション?

Amazonのスマートスピーカー、相変わらず愛用している。朝起きて「アレクサ、おはよう」と声をかけると、その日にちなんだ故事や記念日やらを教えてくれる。 先日はカレーの日とかで、「きょうはカレーの日です。カレーに関するダジャレが聞きたいですか?」…

誰が誰やら?

ツタヤの高すぎ新作で『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』を見る。 主演はいまや上り坂の有望株女優、シアーシャ・ローナン。監督も女性監督として注目のグレタ・カーウィグだ。 四姉妹の青春物語を、フラッシュバックを多用して巧みに見せる…

スマートスピーカーデビュー

またもGAFAの売上げに貢献してしまった。 Amazonのスマートスピーカー、Echo dot(第4世代)を買ってしまったのだ。セールで安かったので、ついポチってしまった。 直径10センチほどのボール型スピーカーで、 「アレクサ、おはよう」とか、「アレクサ、きょ…

すぎ丸

きょうは雨だが、ツタヤのDVDを返却しなければならないので、仕方なく徒歩でお出かけ。 この団地へ越してきて以来、歩いて駅まで行くのは初めてだ。いつもは電アシでさくさくと通り過ぎる街並みも、自分の足で歩くと、なんか新鮮な気分。 十数分ほどで、たい…

うるさい蚊?

「ナチスの愛した二重スパイ」(ベン・マッキンタイア著)を読んでいたら、ドイツ側の計画として、当時ドイツを悩ませていた爆撃機モスキートの工場を爆破する、という話が出てきた。 なにしろ超低空で襲来し、爆弾を落として600キロ以上のスピードで去って…

新年の抱負?

昨年はテレビ離れの加速した一年だった。 YouTubeの動画や個人チャンネルを見る機会が増え、Amazonプライムで映画を見る習慣が身についたので、テレビそのものを見る時間は大幅に減った。 報道しない自由とか、放送できない事実の多さなど、大手メディアの偏…

増槽タンク?

師走の慌ただしいさなか、本年最後の買い物に走ってしまった。 電アシ用のバッテリーだ。 これまで使っていたのは8Ahだが、今度ゲットしたのは16Ah。一気に倍増だ。お値段もかなりする……orz まだ検証してないが、航続距離は33kmから72kmと、ほぼ倍以上に伸び…

恒例!? 今年の◯と✕

✕ コロナ禍 なんといってもコロナ。すべてコロナ。図書館も使えず、行きつけの店も閉店。同窓会もボツになってしまった。責任者出てこい!(と、西の空に向かって叫ぶ) ✕ 物故した人 李登輝、渡哲也、ショーン・コネリーなど。 中2のとき、田舎の映画館で00…

またまた泥沼

AmazonでFire TV Stickを購入した。 ストリーミングメディアプレーヤーというヤツで、HDMI端子につないだテレビでAmazonの映画を楽しむ事ができる。つないでみると、これが便利!! 映画をサクサクと探し、再生することができるし、いろんな映画のつまみ見?…

英国女子?

ツタヤの準新作で『ガーンジー島の読書会の秘密』を見る。 目下イチオシのリリー・ジェームズちゃん主演のミステリータッチのドラマ。 戦時中、ドイツに占領された英国領ガーンジー島での、住民を巡る秘密と、そこを訪れた女性作家の生き方が交錯して描かれ…

多忙?

アマプラのおかげで、毎日忙しい。 なにしろ、見たい映画が山のようにあるので、次々に見ていかなきゃ……と、あせってしまうのだ。 いつでも見られると安心していたら、ある日突然ラインナップから消えてしまうこともあるので、油断はできない。 あれも見ない…

時間を自由に操る

Amazonプライム・ビデオ(アマプラと略すらしい)は、映画が見放題なので重宝しているのだが、惜しむラクは早見再生ができないこと。 つまらない映画はなるべくサクサクと早送りしたいので、困ったもんだとイライラしていた。 ところが、きょう何気にググッ…

新たな用途

相変わらず、iPad miniを愛用している。 時々使用レポートが勝手に表示されるのだが、先日など、10時間以上いじっていたようだ。 対するに、すっかり愛のさめたiPhoneは10分くらいしか触ってないことも。 大枚はたいて買ったんだから、なんか使い道はないか…

軍事技術?

「日本史サイエンス」(ブルーバックス/播田安弘著)を読む。蒙古襲来、秀吉の大返し、戦艦大和の謎に迫る――などの話題を取り上げており、興味津々で読み進んだ。 元ミリオタのワタシとしては、当然ながら戦艦大和の話から読んだ。なぜ世界最大・最強の戦艦…

見てねっと。

Tジョイ大泉で、話題作「テネット」(クリストファー・ノーラン監督)を見る。 いかにもノーラン監督らしい、時間の逆行という面白い仕掛けで見せるサスペンスだ。コロナにもめげず、大ヒットしているらしい。 ネットでのレビューでは、見た人はみんな「よく…

稀な存在?

AppleTVで「オン・ザ・ロック」(ソフィア・コッポラ監督)を見る。 スランプ気味の女性作家が、仕事で多忙な夫の浮気を疑い、おせっかいな父親がからむ――というシンプルな話。 なにも起きないところが小津の映画みたいだが、それなりにうまく見せるところも…

その後のiPad mini

相変わらず、毎日愛用している。 いまやiPhoneはほとんど触らない。iPhoneからiPad miniへ。まさに、愛は移ろいやすい……なんつって(^_^;) 最近、App Storeで「N+Note for NICOLA」というアプリを購入した。 インストールすると、ソフトウェアキーボードが親…

サブスクっておいしい?

Amazonミュージックを毎日聴いている。 数百万曲を流しっぱなしで聴けるので、音楽に対する敷居がえらく低くなった。そのときの気分で、70年代のロックだとか90年代のJポップだとかクラシックだとか、適当なジャンルを選んで聴けるのはいい。 いま聴くと、小…

iPad miniが来てから変わったこと。

iPhoneを使わなくなった(^_^;) やはり手頃な大きさが手に馴染むのか、ついついiPad miniの方に手が伸びてしまう。たまにiPhoneを使うと、画面の小ささに閉口する。 私の持論に、映像の種類によって画面の大きさは決まってくる、というのがある。映画は大画面…

大画面?

iPad miniを買ってしまった。 iPhoneでは画面が小さいので、Amazonの映画などが見づらいし、文章を書くにも不便だ。やはり大画面?が必要だなあとストレスが溜まっていき、やむにやまれず……と言ったところ。 ちょうど誕生日手前ということもあり、自分へのご…

毎日が敬老の日?

「俳句いまむかし」(坪内稔典著)を読んでいたら、こんな句を見つけた。 「生身魂七十と申し達者なり」 正岡子規 (解説) 季語「生身魂」(いきみたま)は盆の間の長老をさす。かつて、生身魂は贈り物を受け、ごちそうをふるまわれたという。尊敬されたの…